ランニング写真館 その4
2007.09.13 (Thu)
9月9日に走ったときの写真です。

先回、熱中症みたいになってひどい目に遭ったので、今回は不安のなか恐る恐るスタートしました。

スタート地点は前回ギブアップした北田野浦~小野見~石名~小田~大倉~矢柄~関~五十浦~岩谷口で、だいたい10キロほどの道のりです。

地図はこちら

ではでは、さっそく写真を。


【つづき】

突然「海の精」登場。首が疲れませんか。
IMG_192801.jpg

波打ち際。遠くに昔のトンネルが見えます。
IMG_193001.jpg

漁港。
IMG_193101.jpg

梶井五郎左衛門さんの遺徳をたたえる碑。
「当家は古く慶長元和更に元禄享保時代より この地外海府に住み 多くの古文書に名をとどめ 農林業酒造業海運業を営み 江戸時代は佐渡金山奉行の諸入用御用達と代々相川外海府地方の庄屋をつとめた」と読めます。間違っていたらゴメンナサイ。
由緒正しいご一家なのですね。
IMG_193201.jpg

秋近し
IMG_193301.jpg

IMG_193401.jpg


IMG_193501.jpg

景観を壊さない郵便局
IMG_193801.jpg

昔ながらの家々と巨岩
IMG_193901.jpg

一部で有名な看板。
IMG_194001.jpg

夕暮れ
IMG_194101.jpg

IMG_194301.jpg

IMG_194401.jpg

IMG_194701.jpg

岬の鉄塔
IMG_194801.jpg

関の寒戸。
佐渡にはムジナ(超能力を持ったタヌキみたいなもの?)を神として信仰する風習がありますが、ここもその神社のひとつです。
ムジナについての詳しくは、from佐渡からで詳しく解説されています。
佐渡ムジナさんの一日一笑 !一生招福!も面白いのでどうぞ。
怪異・妖怪伝承データベースによると、関の寒戸はムジナの神であり、関の寒戸の元には、「二つ岩の団三郎」の長女が嫁いできたそうです。
IMG_194901.jpg

薄暗い森の道を下っていきます。
IMG_195001.jpg

突然気温が下がり、肌寒くなりました。
おそらくどこかに洞穴があって、そこから冷気が吹き出ているのでしょうか?
お社の前には巨木が横たわっていました。
IMG_195101.jpg

木の後ろにあるのがお社です。確かにここなら何か出てきそうだ。
IMG_195201.jpg

寒戸を過ぎたところから見た、押手岬のZ字のカーブ。
IMG_195301.jpg

いい感じの古い神社。雨宮神社だそうです。
IMG_195401.jpg

岩谷口から見た押手岬
IMG_195501.jpg

日没近し。
IMG_195601.jpg

今日のゴール地点。今度は大野亀まで・・・いけるかな?
IMG_195701.jpg

帰りに撮った大きな木。強風でこうなったのかな?
IMG_195801.jpg

外海府小学校跡です。
IMG_195901.jpg

夕日は見えませんでしたが、鮮やかな日暮れでした。
IMG_196201.jpg


今度は大野亀までいくぞ!(無理はしない)
関連記事
【記事編集】 |  19:58 |  ランニング写真館  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
コメント
コメントを投稿する
URL
コメント
パス  編集・削除するのに必要
非公開:  管理者だけにコメントを表示
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック