ダイアグノデント ペンの効果は…
2016.09.01 (Thu)
先日ご紹介した、ダイアグノデント ペンという器械。
http://taraibune.blog.fc2.com/blog-entry-1464.html

ダイアグノデント ペン

さっそく活躍してくれています。

レントゲンでも「削るべきか、経過観察すべきか」悩むような虫歯に、この器械を当ててみると、高い数値が。
患者さんにご説明して、歯を削ってみると、レントゲンで写っているよりずっと大きな虫歯が隠れていました。
と言っても軽度なものでしたので、痛みもなく少し削って詰めて終了。
早期発見に役立ってくれました。

一方、ちょっと怪しいかも?!と思う歯に器械を当ててみると、低い数値。
レントゲンを撮ってみたら、たしかに問題なし。
余計な治療をせずに、歯を守ることができました。

これはなかなかスグレモノかも?!


【記事編集】 |  22:15 |  むし歯が痛いとき  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
虫歯の見逃しを防ぐために
2016.08.27 (Sat)
ダイアグノデント ペン

購入しました。「ダイアグノデント ペン」という器械です。

この器械は先端から光を照射し、それが歯にあたって跳ね返ってくる光を受け取って、虫歯があるかないかを調べるというものです。

虫歯の見逃しを防ぐことができるのではないかと、とても期待しています。


「プロなんだから、虫歯ぐらい簡単に見つけられるだろ」とお思いになるかもしれませんが、本当は虫歯を見つけるのはとても難しいです。

たとえば、歯に穴が開いていれば、だれでも虫歯を見つけることができますよね。

しかし、穴が見えない状態で、見かけは健康な歯に見えるのに、大きな虫歯になっていることがあります。


虫歯というのは、ばい菌がたまりやすいところから発生します。

一番多いのは、歯と歯の間です。

ときどき食べ物がはさまったりしますよね。そこです。

まず、歯と歯の間に、ごく小さな(1ミリにも満たないような)穴が開きます。

歯と歯の間ですから、隠れてしまって肉眼では見えません。

そこから歯の中へ虫歯がどんどん進むと、外見上は穴が開いていないのに、歯の中は虫歯で溶けてからっぽになってしまった!ということがあるのです。

そしてある時、急に痛みが生じます。

歯医者さんへ行って診てもらうと、先生は「うーん、虫歯のようには見えないけど、念のためレントゲンを撮ってみましょう」と言って、レントゲンで歯の中に大きな空洞が発見され、虫歯だったとわかる、というのがパターンです。


つまり、肉眼では全然虫歯のように見えなくても、とても大きな虫歯になっていることがあり、それはレントゲンを撮ってみないと分からない、ということです。


これは、きちんと定期健診をうけている方でも起こります。

ある時、レントゲンを撮ってみたら大きな虫歯が見つかり、「これまできちんと定期健診に通っていたのに、どうして虫歯になるの!」と患者さんからお叱りを受けたことがあります。

私としては、本当に心からお詫びするしかありません。
私たちは専門家として、患者さんに信頼していただいて仕事をしています。
その信頼を裏切ってしまったら、専門家失格なのです。

何度も何度もお詫びをして、ご説明をして、ご理解いただくしかありません。


やはり虫歯の見逃しを防ぐには、レントゲンが一番効果的です。

しかし、(病気でもないのに)不必要なレントゲンを何枚も撮るのはあまり良い事ではありません。

そこでこの「ダイアグノデント ペン」が活躍してくれるのではないかと期待しています。

なにしろこの器械は歯に光を当てるだけですので、痛みも何もありません。

虫歯かどうか、器械に表示される数値を見て判断することができます。

虫歯をしっかりと発見し、早期予防・早期治療ができれば、患者さんの大きな利益になるように思います。


追伸:

虫歯を見つけるのは思ったより難しい、ということをご理解いただけましたでしょうか。

お子さんのいるご家庭では、学校の歯科検診のあとに治療をお勧めする紙が学校からくると思いますが、ここに「虫歯です」「初期虫歯です」などと書いてありますよね。

これはどのぐらい確かなものでしょうか?

検診の紙に「初期虫歯です」と書いてあっても、レントゲンを撮ってみると大きな虫歯になっていることが良くあります。

お家の方にそのようにご説明すると「どうして!?初期虫歯と書いてあったのに!!」とビックリされます。

しかし、歯科検診をした先生がミスをして、そのようになっているわけではありません。

歯科検診では、私たち歯科医は基本的に「視診」つまり「目で見て判断して」います。

昔は虫歯の怪しい場所を、探針という尖った針で触ることが行われていましたが、これは歯を傷つけてしまうことがあるために最近は行われなくなりました。

診療室の明るい照明の下で、しっかりと見ても「見えない虫歯」は存在します。まして、歯科検診の現場では虫歯の大きさまで正確に判断することは不可能です。

つまり歯科検診の紙で「初期虫歯です」と書いてあっても、それは確定診断ではなく、あくまでも「きちんと歯科医院で診断してもらってください」という意味なのです。

「初期の虫歯なら、別に歯医者さんに行かなくてもいいか」と思わずに、何かしら歯科検診でチェックが入っていたら、ぜひお近くの歯科医院で良く調べてもらってくださいね!
【記事編集】 |  17:56 |  むし歯が痛いとき  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
インプラントだから解決できる悩み
2010.07.03 (Sat)
インプラントの基本的な知識について、以前書きました。

近年のインプラントの進歩には、目を見張るものがあります。


ですが、インプラントと他の治療を比較しても、「なぜインプラントなのか?入れ歯やブリッジでよいではないか」という風にお考えになる方は多いと思います。

今日はまさに「なぜインプラントなのか」という点についてお話したいと思います。


インプラントはブリッジや入れ歯と比較して、「よくかめる」「周りの歯へのダメージが少ない」「違和感が少ない」などの良い点があります。

しかし、もっとも大切なことは、インプラントが天然の歯と似ていることです。

ブリッジや入れ歯は、結局のところ、他の歯に負担をかけて「歯のような物」を作っているに過ぎません。

現在、歯が無くなった場所に、周りの歯に負担をかけずにもう一度しっかりした歯を作る方法は、「インプラント」と「歯の移植」しかないのです。


私たちの医院では「お口の健康を守り育てる」ことを何より大切に思っています。

歯を育て、歯を守り、お口の健康を最後まで保っていただくこと。何でもおいしく食べ、楽しくお話ができ、いつまでも美しい笑顔でいてもらう。それが最大の願いです。

しかし、ブリッジや入れ歯は、他の歯に負担をかける治療です。

いずれ周りの歯までダメになってしまうことが多いのです。

ブリッジを入れるために削られる周囲の歯。

入れ歯のバネをかけられ、揺さぶられ続ける歯。

一本の歯がなくなり、それを補うためにさらにたくさんの歯を犠牲にする・・・

もう、そんなことは止めにしたいのです。


インプラントをうまく使えば、周りの歯に負担をかけずに、もういちど歯を作ることができます。

さらに使い方を応用して、インプラントを入れ歯の支えにすることで、他の歯への負担を減らすことさえ可能でしょう。

それが、私の考える、インプラントの最大のメリットです。



インプラントの利点は、まだあります。

心への影響です。


昔は、年をとったら入れ歯になるのが当たり前でした。

しかし今はどうでしょうか?

50歳、60歳、70歳、いやいや80歳になっても、まだまだ若々しく、「お年寄り」などという言葉が当てはまらない方々が多いと思いませんか?

そういう方々は何が違うのでしょう?

私は「心が若い」からだと思います。


「自分はもう年寄りだから」「どうせ先が長くないから」と謙遜される方は多いですが、決して心からそう思っているわけではないですよね。

ほとんどの方は、若々しくありたいし、健康で何でもできる体でありたい、そう思っていらっしゃると思います。

(若い頃にビートルズやグループサウンズを聞き、ジーンズをはいてギターを弾いた、現在とそう変わらない時代を生きてきた世代ですから)

心が若いというのは、そういうことです。


そういう方々は、「歯が抜けても入れ歯は嫌だ」とハッキリおっしゃいます。

歯科医の私からすれば、入れ歯も有効な治療法のひとつなのですが、心の若さを保っていらっしゃる方にとっては、入れ歯を使うこと自体が精神的な苦痛であることはよく理解できます。

好きで入れ歯になる人はいないと思いますが、アゴがくしゃっとつぶれてしまった、いかにもお年寄りという顔つきの方が昔はたくさんいらっしゃいました。

歯がなくなって、合わない入れ歯を使い続けるとあのような状態になってしまいます。


インプラントを使うことで、ご自分の歯に近いものができます。

何でもおいしく食べられたあの頃を取り戻すことができるかもしれません。


いつまでも若く元気でありたい、というのは誰もが持っている願いだと思います。

そして、心を若く保っている方ほど、やっぱり体も元気なのです。

インプラントが心に与える影響は大きいですね。


インプラントの基本的な知識の部分でも書きましたが、インプラントはなんでも解決してくれる都合の良い治療法ではありません。

治療後のお手入れもとても大切です。

しかし、インプラント治療がその方のお口の状態に合っていて、なおかつ患者さんのご希望に合っていれば、インプラントは他の治療ではできない素晴らしいメリットを与えてくれるでしょう。
【記事編集】 |  23:19 |  インプラントとは?  | トラックバック(0) | コメント(2) | Top↑
どうにかこうにか
2010.06.29 (Tue)
25、26日に新潟ときメッセで行われた、老年歯科医学会に参加してきました。

シンポジウムのパネリストという、荷の重い役目をおおせつかったためです。


シンポジウムのテーマは「生活・地域を支える歯科医療」で、僕は、いまの佐渡の状況と、歯科医としてこれから目指すところを発表しました。

その後、今後の地域歯科医療について、他のパネリストの先生方と議論しました。


とてもとても緊張し、すごく疲れましたが、大変いい経験をさせていただきました。

チャンスを下さった方、ご協力くださった皆様方、本当にありがとうございました。

DSC00164a.jpg
DSC00172a.jpg
CA3G0158a.jpg
【記事編集】 |  23:59 |  在宅で歯の治療  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑
東京さ行くだ
2010.05.31 (Mon)
日曜日に東京で、訪問歯科診療と摂食・嚥下障害についての勉強会に参加してきました。

本当にすばらしい先生方に教えていただき、お話もできました。

言葉にならないほど得がたい体験でした。

高齢者医療の現場で最前線を進む先生方のお話は、とても説得力がありました。

今の日本がどうなっているのか、これからどうなっていくのか。

私たちは何をすべきか。

真面目に考えてきました。


東京から興奮して帰ってきたのですが、佐渡汽船で今朝見たNHKニュースで・・・。

いわく、歯科医師は過剰だから、経営のために経営セミナーに参加したり、予防歯科や訪問診療に手を伸ばしているとのこと。

・・・もちろん歯科医院経営を改善するために予防や訪問に力を入れている先生もいるでしょう。

ですが、これは強調しておきたいのですが、多くの心ある歯科医院が予防や訪問をする理由はお金のためではありません!


メインテナンスを定期的に受けることによって、ほとんどの歯の病気を予防することができます。

そうすれば、利益を得るのは誰でしょう?患者さんです。健康な歯でいつまでもおいしく食事ができます。

訪問診療をすることで、今まで歯科治療を受けたくても受けられなかった人々に医療を提供することができます。

利益を得るのは誰でしょう?


経営問題やお金に注目するなら、予防や訪問診療は歯科医院が利益を得るためということになるのかもしれません。

ですが、多くの歯科医師は患者さんの利益に注目しています。患者さんの利益になるから、予防や訪問をしています。

そこのところを誤解されると、僕たちはとても悲しい思いになります。

青臭いと思われるでしょうが、医療という仕事はお金のためにするものではない、と僕は思っています。


訪問診療や摂食・嚥下について、志の高い先生方と触れ合った直後だったので、なおさらそう思いました。
【記事編集】 |  23:52 |  在宅で歯の治療  | トラックバック(0) | コメント(0) | Top↑